HOME | バイク事故

バイク事故について
練馬・平和台のゆうが整骨院

練馬区練馬の平和台ゆうが整骨院では、交通事故治療の急性期・後遺症の治療を専門に行っています。
 
ゆうが整骨院の交通事故治療は、骨格矯正の整体が中心の施術です。
 
骨格矯正というのは、体のバランスに着眼し全身の骨格や関節のずれや歪みを探して正す整体です。
 
交通事故の後遺症で多いのはやはりむちうち症です。
 
むちうち症は、その呼び名のように交通事故の瞬間に体が大きくムチ状にしなって起きる後遺症です。
 
追突や急停車で体が大きくしなると、頚椎や腰椎、骨盤などにずれや歪みが生じます。
 
このずれや歪みが筋肉や靭帯を引っ張るなど負担となり、交通事故のケガが治ってからも首の痛み・腰痛などが長びくのがむちうち症の代表的な症状です。
 
追突事故で多く発症し重症化しがちなむちうち症は、自動車事故の後遺症というイメージがありますがバイク事故でも発現します。
 
頭の部分はヘルメットで保護されていますが、全身ほぼ無防備な状態でのバイク事故では衝突や転倒の衝撃は自動車に乗っている時と比べてかなり大きく、骨格や関節のずれもひどくなりがちです。
 
骨格や関節のずれや歪みがひどいと、むちうち症の後遺症も重症化の傾向にあります。
 
むちうち症と一口に言っても、そのタイプはいろいろです。
 
衝撃でずれたり歪んだ骨格や関節が筋肉や靭帯の痛みをもたらす捻挫型の他にも、ずれ・歪みが神経根を刺激することによる坐骨神経痛やしびれ、自律神経の失調症状といったいろいろなタイプのむちうち症があります。
 
バイク事故の直後は出血のあるケガや打撲に目が行ってしまいますが、後遺症は時間が経ってから重症化する傾向があり厄介です。
 
骨格や関節のずれや歪みが自律神経にダメージを与えることで引き起こされる失調症タイプのむちうち症は特にバレリュー症候群と呼ばれ、交通事故との関係性に気づきにくい不眠やうつ、肩こりなど症状はさまざまです。
 
バイク事故に遭ってしまったら、できるだけ早い段階で専門的な交通事故治療が受けられる練馬区練馬の平和台ゆうが整骨院で治療を受けておけば将来的にひどい後遺症を回避することもできて安心です。

練馬区平和台×接骨・整骨部門
練馬区平和台×整体部門
練馬区平和台×カイロプラクティック部門