HOME | 肘内障

おこさまの急な肘内障に
練馬・平和台ゆうが整骨院

肘内障はちゅうないしょうと読みます。
 
未就学児に多く肘の一部の靭帯がめくれた亜脱臼したものです。
 
肘内障になると
手のひらが後ろ向きになり、肩がだらんと下がって、動かせなくなります。
肘の靭帯から肘の外側の骨(橈骨)がはずれかかることが原因となります
 
5歳以下の子供、特に2歳から3歳の子供によく見られます。
 
子供の手をふいに引っ張ったりすると肘が抜けて、手をだらんと曲げて動かさなくなります。
 
腕を下にして転んだりする時にも起こります。
 
これが肘内障です。
 
病院の夜間救急外来でもとても多い事例ですので、子供の手を引っ張ったりしないようにすることが大切です。
 
おこさまが肘の痛みを訴えた時には肘内障か脱臼を疑うことになります。

子供は痛がって泣き、腕を動かさない、あげられない状態になりますが、肘内障の治療は1分もかからずに済む簡単なものです。
 
整形外科や整骨院でも治療ができますが、似たような症状の怪我もありますし、骨折や脱臼との区別をするためにレントゲン検査をする場合もあります。
 
肘内障は未就学児に特有の症状で、肩の骨のずれを治すだけで痛みがなくなり、すぐに動かせるようになります。
 
骨と靭帯が成長するにつれて外れなくなります。
 
練馬区にある平和台ゆうが整骨院では肘内障が疑われる時には徒手整復を行います。
 
治療は1分もかかりませんし、整復後はすぐに手を動かせるようになります。
 
整骨院では保険を使って治療することも可能ですので、病院と治療方法が変わりませんし、費用も変わりません。
 
念のために翌日に経過を観察する場合もありますが、数分で終わります。
 
肘内障の応急処置は練馬平和台ゆうが整骨院におまかせください。
 
また
練馬平和台ゆうが整骨院は交通事故、スポーツ障害などの治療も可能です。
 
練馬区、板橋区、豊島区からのアクセスもできます。
 
さらに
子供の肘内障だけでなく
親御さんの骨盤矯正や猫背矯正も実施しています。
 
肘内障でしたら、練馬平和台のゆうが整骨院におまかせください。

練馬区平和台×接骨・整骨部門
練馬区平和台×整体部門
練馬区平和台×カイロプラクティック部門