HOME | 腱鞘炎

腱鞘炎で日常生活でお困りでしたら
練馬・平和台ゆうが整骨院

筋肉の働きを指などの末端などに筋肉の働きを伝え、ワイヤーのような役割を果たしている部分を「腱」といいます。
手の指の腱は、手首の関節あたりで、筒状・鞘状になった腱鞘と呼ばれる部分で束ねられているのですが、腱が使い過ぎなどによって肥大化してしまうと、腱鞘の穴では納まりきれずに、腱鞘と擦れ、炎症を起こしてしまいます。
手の親指に現れやすいこの症状を、「腱鞘炎」の中でも「狭窄性腱鞘炎」と言い、産後のママさんや更年期の女性が比較的なりやすいものです。
この狭窄性腱鞘炎にかかっているのかを簡単に確認する方法として、「フィンケルシュタインテスト」というものがあります。
親指を他の4本の指で握ったまま、あるいは片方の手で軽く引っ張り、手首を小指の方向へ曲げます。
そのときに、手首にジンジンとした内面の痛みを感じることがあれば、狭窄性腱鞘炎の恐れがあります。
狭窄性腱鞘炎は、軽い程度であればそれほど問題にはならないのですが、症状として表れているほど手首を酷使しているはずなので、それを継続していくと悪化する可能性は非常に高いです。
悪化すると、腱鞘炎だけでなく、腱がつっぱり、指の曲げ伸ばしがスムーズにおこなえなくなる「ばね指」になってしまうこともあります。
相乗効果によって症状がさらに悪くなってしまう前に、本格的な治療を考えなければなりません。
腱鞘炎を治療するには、日常生活に支障をきたすほどのものであれば、手術をおこなわないと難しい場合もありますが、関節を使用すると痛みを感じる程度の腱鞘炎であれば、手術の他にも治療方法はあります。
基本的には関節を酷使しないようにする方法がベストですが、患部への電気刺激や外用薬の使用も効果的です。
また腱鞘炎は、関節への循環が滞る肩こりなども原因のひとつとなるので、整骨院での整体や電気治療も役立てることができます。
練馬区の平和台ゆうが整骨院でも、腱鞘炎の治療症例多数なので、練馬・平和台の近くにお住まいで腱鞘炎にお困りの方は一度ゆうが整骨院までご相談ください。
練馬区平和台×接骨・整骨部門
練馬区平和台×整体部門
練馬区平和台×カイロプラクティック部門