ゆうが整骨院ヘッダー
ゆうが整骨院スマホヘッダー

HOME | 肩こり







肩こりの症状でお悩みの方へ

肩こり 悩み

肩こりは色々な原因が元になって起こりますが、どんな人でも多少のコリは持っていると考えられます。
 
問題となるのはその程度であり、軽いものであれば自分で方を動かしたり、少しマッサージをするだけですぐに痛みがなくなっていくでしょう。
 
しかし、症状が強くなってくると、非常に強い痛みがでることがあり動かすこともできない状態になっている人もいます。
 
肩の筋肉が凝っている状態というのは血液の流れが悪くなっていると考えられますが、肩こりが酷くなっている人の中には軽い炎症が起きているような状態になっている人もいるので、そういった場合には触ることもできないほどに強い痛みを訴えることになります。
 

  • ①肩が痛くて眠れない
肩の痛み 不眠

中には肩が痛くて眠れないという悩みを持つ人もおり、そこまでの状態になってしまうと健康状態にまで悪影響を及ぼしてしまいます。
 
肩こりは肩の筋肉に起こるものですが、そこから別の場所への影響がでてくると二次障害の原因となってしまうことがあります。
 

  • ②肩こりからくる頭痛
肩こり 頭痛

代表的なものは肩こりからくる頭痛でしょう。
 
肩こりが酷い人に頭痛持ちが多いということは多くの人に知られている事実で、肩こりの治療をしたら頭痛がなくなったという経験をした人も大勢いるほどです。
 

  • ③仕事に集中できないという悩み
肩こり 仕事

他には肩こりが酷く仕事に集中できないという悩みや背中の痛みや腰痛まで起きているという声もよく聞かれます。
 
肩だけの症状とはいえ、そこから全身に苦痛が広がることがあるので生活にも直接的な影響を出してしまいます。
 
肩こりに悩む人の中には子供のときから肩こりで悩んでいるという人もいるほどです。
 

肩こりの原因とは?

肩こり 原因

肩こりは色々な原因が元になっているので、年齢や性別に関係なくどんな人でも肩こりがひどくなってしまうという可能性があります。
 

  • ①不良姿勢、間違った姿勢が肩への負担となる
不良姿勢 肩の負担

最も多くの人の原因となっていると考えられるものが姿勢の悪さで、不良姿勢、間違った姿勢が肩への負担となると言われています。
 
姿勢が悪いということは外見が悪く見えるという見た目の問題と共に体の中に悪い影響を与えるというふたつのことが考えられます。
 
見た目だけの問題であれば、人に見られていない場所では姿勢が悪くても何も問題がありませんが、健康上の悪影響があるということで、人に見られていない場所でもできる限り姿勢が良くなるよう努める必要があるということになります。
 
姿勢が悪いという状態は自分自身で気付いていないことも多く、正常な姿勢をとれているはずだと思っている人の中にも不良姿勢となってしまっている人がいます。
 
もちろん自分では姿勢が悪いとわかっていながら、なかなか姿勢を正すことができないという人も大勢います。こういった人たちを合わせると、ほとんどの人が姿勢になんらかの問題を抱えているとも言えるでしょう。
 
また体が原因ではなく精神的なものが原因となり肩こりに悩んでいるという人もいます。
 

  • ②精神的な緊張やストレスも筋肉を硬くする
ストレス 肩こり

こうした精神的な緊張やストレスも筋肉を硬くすることがわかっているので、こういった状態が長く続くような生活をしていると酷い肩こり持ちになってしまうことがあります。
 
精神的な影響は人によって受けるか受けないかが大きく分かれるもので、元々緊張をしないような性格の人は、精神的な原因で肩こりにはなりにくいタイプの人だと言えます。
 
しかし、そういった性格の人でも知らないうちにストレスをため込んでいるということはよくあることで、いつの間にかストレスがたまり肩こりの症状も出ていたという話も聞かれます。
 
精神的な影響は程度が軽いうちは気付かない程度のものが多いので、体に症状が出始めているということが、かなり大きなストレスを抱えているということの表れでもあります。
 
肩こりはデスクワークをしている人に多いと言われていますが、その理由は運動不足による肩こりも存在するからです。
 

  • ③運動不足、睡眠不足で筋肉が衰えている
睡眠不足 男性

こうしたことも肩こりを起こすことがわかっており、同じ姿勢を長く続ける時に肩が痛くなるのも肩こりの一種です。
 
運動不足の状態になると、筋肉が同じ形で凝り固まってしまい、血流が悪い状態になってしまいます。
 
血液の流れが悪くなることで一部の組織が栄養不足の状態になってしまい、肩こりを助長させてしまう結果となります。
 
肩こりを予防するために腕を動かしたりする運動が推奨されていることがありますが、ああいった運動をすることで血流を良くすることが肩こりの予防に効果があるからです。
 
それと同時に筋肉が衰えている状態になっていることそのものが、肩こりを悪化させる要因ともなります。
 
筋肉がない状態では、体を十分に動かすことができず、姿勢を保つことも難しくなります。
 
その結果、体にとって負担のかかる姿勢をとってしまい、体の歪みを引き起こすからです。
 
ただ立つという姿勢を保持するだけでもしっかりとした足の筋肉以外に腹筋や背筋など体の色々な部位の筋肉が関係してきます。
 
どこかの筋肉が不足している状態になると、その筋肉がなくては保つことができない部分が弱くなり猫背になってしまったり、ストレートネックといった姿勢になってしまうことがあります。
 

  • ④眼精疲労やカラダの冷えも肩こりを助長します。
眼精疲労 肩こり

これらの体に直接関係をしている原因以外にも眼精疲労やカラダの冷えも肩こりを助長します。
 
眼精疲労は長時間スマホを見続けたり、パソコンの画面を見ている時間が長い人がよくなる状態です。
 
最近では深刻な眼精疲労に悩む人も多くサプリメントなどで目のケアをする人が増えているようです。
 
目が疲れていると画面を見る時に首に力が入りやすく、不自然な姿勢になってしまい、肩こりにも大きな影響を出す恐れがあるということで、スマホやパソコンを見る時間が長い人に肩こりが多いと言われています。
 

  • ⑤その他、整形外科的、内科的疾患なども肩こりの原因となる
肩こりの原因

そういった疾患がある場合には病院での治療が必要になることもあるので受診をすることが大切です。
 

繰り返す肩こりは間違った治療法にある?

繰り返す肩こり

肩こりはそれだけが原因で大きな病気になったり、命の危険があるような重篤なものではありませんが、何度治療しても繰り返すという厄介さがあるところが特徴です。
 
肩こりの治療法は色々な種類のものがありますが、病院での治療では痛み止めや湿布を使ったものが一般的です。
 
病院で肩こりが酷いということで診察を受けると、肩こりの原因となっているような病気はないかの検査などを受けることはできますが、肝心の肩こり自体の治療としては痛みを押さえるような対症療法を受けることしかできません。
 
対症療法というのは、その時に起きている症状を一時的に抑えて苦痛を軽減するという治療法です。
 
そのため、肩こりで痛みがあるという場合には、痛み止めを使って痛みを抑えたり、湿布をすることで痛みを和らげたりすることしかできないということです。
 

  • ①病院で処方される痛み止めやシップは一時的な治療にしかならない
肩こり シップ

もちろん、それらのものを使った治療を受けることで痛みを和らげて生活を楽に送られるようにするというメリットがありますが、病院で処方される痛み止めやシップは一時的な治療にしかならないというデメリットが存在します。
 
いくら薬で症状を抑えたとしても、効果が期待できるのは薬の成分が効果を出している期間だけであり、その時期が過ぎてしまうと元のように傷みがぶり返してしまいます。
 
一時的な治療は何度行ったとしても根本的な解決にはならないために、肩こりは治ることなく、長い期間治療に通わなくてはいけないという状態になってしまうでしょう。
 

  • ②マッサージは一時的にラクになるだけで次の日にまたつらくなる
マッサージ 肩こり

では、肩こりの治療法として有名なマッサージはどうなのかというと、マッサージは一時的にラクになるだけで次の日にまたつらくなるという特徴を持つものです。
 
これは外からの刺激で、硬くなった筋肉をほぐして凝りをとる治療法のために起こると考えられます。
 
筋肉の血流が悪くなっている部位をほぐすことで、その時にはマッサージをした部位の血流が良くなり、肩こりが楽になったという感覚を持つことができます。
 
しかし、時間が経つと、以前と同じような状態に戻ってしまうため、再び肩こりの症状が出はじめてきます。
 
酷い人になるとマッサージの翌日には元通りの状態になっているということもあり、お金を出してマッサージをしても効果が1日しか続かないということになってしまいます。
 

  • ③肩こりの根本的な原因は猫背などの不良姿勢にある
肩こり 猫背

こういったことからわかることは肩こりの根本的な原因は猫背などの不良姿勢にあるということです。
 
根本的な原因を取り除くことができなければ、何をしてもすぐに治療の効果がなくなってしまうでしょう。
 

練馬ゆうが整骨院の肩こり整体

  • 肩こりの原因は骨格のゆがみにある
肩こり 骨格の歪み

練馬ゆうが整骨院の肩こり整体では肩こりの原因は骨格のゆがみにあると考えるところから治療を始めていきます。
 
肩こりは肩だけの症状がでるもので、肩の周辺の筋肉が凝り固まっている状態になる病気です。
 
しかし、これは原因が肩にあるからというわけでなく、肩の含めた体の他の部位の骨格の歪みが原因となって起きているとも考えられます。
 
体の歪みはゆがんでいる部位だけでなく、その他の部位にも影響を広げてしまうということがよくあるからです。
 
体の中は骨格が柱のような役割をして体を支え、その周囲に筋肉や内臓などの臓器があるという状態になっています。
 
全ての臓器は骨格に守られるように体の内部に入っており、骨格があることで健康な状態をキープできていると言えます。
 
筋肉も体を動かす時に重要な役割を果たしますが、筋肉だけでは体を動かすことはできず、骨格と共に動くことで、初めて色々な動作ができるということになります。
 
骨格は人が生きていく上で柱となるものであり、健康な体作りには欠かせない存在です。
 
そして、骨格は関節を曲げたり伸ばしたりすることで、体を動かせるような仕組みになっていますが、この時の動きが正常に行われる状態になっていないと、体の色々な部位に余計な負担をかけることになってしまいます。
 
体の骨格は関節でつながっており、実際に動かす部位以外の場所でも体を上手に使えるよう調整させていく働きがあり、バランスをとることで初めて体を具合よく動かすことが可能になります。
 
全ての部位がそのように関係しあっているので、どこか一か所の都合が悪くなると、他の部位が底をかばうように動くこと尾で具合の悪さをカバーします。
 
そういったことを繰り返していると一部分だけに負担がかかり、その部位の機能が悪くなる等の支障をきたすようになります。
 
それが骨格のゆがみの怖さで、骨格がゆがんでいる部位以外の部分にまで悪影響を起こしてしまうことにつながっていきます。
 
こういった視点で考えていくと肩こりの根本的な原因は骨格のゆがみにあるということになり、肩こりを治すためには骨格の歪みの改善をしていかなくてはならないということになります。
 

  • ②肩こりの解消には猫背改善
肩こり 猫背改善

骨格の改善と共にしなくてはいけないことが姿勢をよくすることで、肩こりの解消には猫背改善が非常に効果があります。
 
猫背になってしまう人というのは筋力が不足していると同時に骨格のゆがみを持っている人が多くいます。
 
そういった人に対してはまず、猫背になってしまっている骨格の癖を見つけ出し、そこに積極的にアプローチしていくことで猫背を改善させていく治療を中心的に行います。
 

  • ③猫背の原因を作りやすい骨盤のズレもケア
猫背 骨盤のケア

猫背の原因となっているのは骨盤が関係していることが多いので、猫背の原因を作りやすい骨盤のズレもケアしていきます。
 
骨盤のゆがみや傾きを正常に戻すことで、多くの人が楽に猫背を解消することができます。
 

  • ④トリガーポイントや最新の治療器を使用した治療
ゆうが整骨院 最新の治療器

さらに練馬ゆうが整骨院の大きな特徴であるトリガーポイントをつかった治療で筋肉の深部を狙います。
 
トリガーポイントというのはツボと似たようなものですが、ツボは押すと気持ちが良いと感じるのに対してトリガーポイントは押すと強い痛みを感じる場所です。
 
トリガーポイントは痛みがでている部位とは違う場所に原因が隠れていることが多いという特徴があります。
 
そのため、トリガーポイントそのものを触るのではなく、原因となる部位にアプローチをしていき、トリガーポイントの痛みをなくすことを目標として治療を行います。
 
練馬ゆうが整骨院では体の深部まで到達するトリガーポイント用のマッサージが用意されているので、効果的な治療が受けられるでしょう。
 
またあまりにひどい肩の痛みには最新の電圧治療器も使用します。
 
痛みが強い時には相談してみましょう。
 

ゆうが整骨院が目指す肩こりの改善とは?

ゆうが整骨院 肩こり改善

肩こりは生活習慣との関わりが深い病気のひとつで、原因となっている体の癖を治さない限り再発を起こす可能性が非常に高くなってしまいます。
 

  • その場しのぎではなく、肩こりになりにくいカラダづくり
肩こりになりにく身体作り

そのため、ゆうが整骨院ではその場しのぎではなく、肩こりになりにくいカラダづくりへということを念頭に置いて治療を進めていることにしています。
 
肩こり治療は、その時に感じている痛みをとってほしいという患者側の気持ちが強いために、多くの医療施設や治療ができる場所では、その時に起こっている痛みをとることを第一に考えた治療を行いがちです。
 
もちろん苦痛の強い痛みをとることは必要なことですが、それだけを考えて治療をしていると、再発を繰り返す結果となってしまい、いつまで経っても治療を終えることができません。
 
治療を受けに行く患者側としては、いつまでも医療施設などに通う手間や時間が消費され続けてしまいます。
 
それだけならまだしも、薬を飲み続けていると薬の副作用が強く出ることがあり、痛み止めの場合には胃痛が起こる可能性が非常に高くなってしまいます。
 
痛み止めはすぐに効くというメリットがある半面、使い続けると消化器系の副作用がでることが多く、酷くなると別の病気を発症してしまう可能性もあります。
 
胃の痛みだけでなく血を吐いてしまったりすると、胃の治療も受けなくてはいけません。
 
湿布薬にしても、同じ場所に張り続けていると皮膚が赤くなったり、かゆみがでるという副作用が生じることがあります。
 
内服薬ほど強い薬ではありませんが、長期間使うことを考えるとデメリットも大きな治療法だと言えるでしょう。
 
そういった健康被害を起こさなくても良い方法は、肩こりを根本的に直すという方法です。
 
そもそも肩こりになりにくいカラダづくりをすることができれば、一度完全に直しておけば、その後は何もしなくても肩こりに苦しむことがなくなります。
 
自分で健康なカラダを手に入れることができれば、その後は肩こり治療にかける時間もお金も必要がなくなります。
 
ゆうが整骨院ではそうした根本的な治療を行えるよう努めています。
 

  • 痛くなったら治療ではなく、痛くならないための整体がおすすめ
整体 おすすめ

それ以外にも痛くなったら治療ではなく、痛くならないための整体がおすすめです。
 
痛くなってから治療を始めようとすると、すでに強い炎症が起きていることもあり、できる治療が限られてしまうことがあります。
 
さらに、すでに痛くなっている状態では治療を開始しても治すまでに時間がかかり、完全に治すことが難しくなることもあります。
 
そのため、効率的な方法をとりたいと考えている人には痛くならないための整体を行うことをおすすめします。
 
整体では痛みをとる治療も行いますが、治療の中心になるのは、肩こりを起こさないようなカラダづくりです。
 
一度、自分のからだをしっかりと整えておけば、その後肩こりを起こしにくくなり、一時的に肩こりが起きたとしても軽症で済ませることも可能です。
 

  • 肩こりは生活習慣に原因があるので、生活の中でできるアドバイスもしています。
肩こり 生活習慣

ゆうが整骨院での治療の中で生活習慣に対する知識もつけることができれば、さらに健康な体へと変化させていくことができるでしょう。
 
からだは全てのことにおいて最も大切なもののひとつで、どれだけお金を出しても手に入らない貴重なものです。
 
からだが元気でなければ仕事をすることもできませんし、生活を楽しむことも難しくなってしまいます。
 
肩こりがあることで仕事に支障をきたしてしまったことのある人は、からだの大切さを身に持って感じていると思います。
 
そんな経験を何度も繰り返さないためにも、肩こりを起こさないような生活習慣を身につけることが大切です。
 
練馬ゆうが整骨院で肩こりの治療をしながら生活習慣を改善させていきましょう。

電話番号
LINE予約