ゆうが整骨院ヘッダー
ゆうが整骨院スマホヘッダー

HOME | 五十肩

四十肩・五十肩の症状とは?

 
四十肩・五十肩の症状とはどのようなものなのかということを、あらかじめしっかりと知っておきましょう。
 

  • ①服に袖を通すときに肩が痛む

洋服を着るときに肩が痛いと感じたのであれば、四十肩・五十肩を発症している可能性が有ります。
 

  • ②つり革を握るのがつらいということが起きる

電車やバスなどでつり革を握るために手を上げたときに痛いと感じるのも、四十肩・五十肩かもしれません。
 

  • ③夜寝ているときに肩の痛みで目が覚める

肩が痛くて目が覚めるとなると、かなりひどい症状だと言えるでしょう。
 

  • ④髪を後ろで縛るのがつらいという症状が出る

肩が思うように動かないのも、深刻だと言えます。
 

  • ⑤背中に手が届かないことが頻繁に起きる

何気ないことですが、放置しておくと大変なことになるかもしれません。
 
上記のような症状が起きたのであれば、四十肩・五十肩である可能性が高くなっていると言っても過言ではありません。
 
五十肩は40代から50代の人が非常に多く悩んでいるものであり、肩が痛くて腕を上げることが出来なかったり、衣服を脱いだり着たりすることが出来なかったりするなどして、さまざまな問題が起こります。
 
もちろん、中には若い世代であってもこのような不調を抱えているという人もいらっしゃいます。
 
働き盛りであっても、スポーツや仕事などで頻繁に肩を動かすことが多ければ、肩に不調が出るということも有るという訳です。
 
肩関節は動く範囲が非常に大きくて、骨以外の部分の組織が引っ張られることもしばしばです。
 
このような原因が重なれば、四十肩や五十肩となってしまい、単なる肩こりだと思って放置しておけば症状が悪化するということもあるので、あらかじめしっかりと注意をしておきましょう。
 
それだけでなくて、姿勢が悪いことも原因となることが非常に多くて、猫背または片方の肩にばかり負荷をかけていることによって、身体全体のバランスが崩れるということも原因となりがちです。
 
そのようなことを改善したいならば、身体を整えるということがもっとも大切です。
 
身体のバランスを整えたいときに役に立つのが、整骨院だと言えます。
 
整体を受けることによって肩甲骨だけでなく、身体のバランスを整えることで四十肩や五十肩を改善することに繋がるという訳です。
 
練馬区もしくはその近辺に住住んでいる人で、五十肩の症状に悩んでいるということであれば、平和台練馬ゆうが整骨院に行ってみませんか?
 
練馬ゆうが整骨院は、しっかりとした専門的な知識を持っており、さらに高いスキルを持っている院長が行う施術を受けることが可能です。
 
整体はきちんと行わなければ、反対に痛みなどを悪化させてしまうことも多いので、きちんとした施術を行ってくれる整骨院を選ぶことが重要だと言えます。
 
施術は直接身体に触れることがほとんどなので、安心して任せることが出来る相手に施術を行ってもらうことも大切です。
 
練馬ゆうが整骨院においては、患者さんとあらかじめしっかりと信頼関係を築くことをもっとも大切にしています。
 
練馬ゆうが整骨院は、まず最初に患者さんの身体の状態をあらかじめしっかりと聞いたうえで、疑問点などを分かりやすく丁寧に説明をしてくれるので安心です。
 
四十肩や五十肩は放置していてもなかなか治るということはなくて、症状が進んでしまうと日常生活にもさまざまな支障が出てくる可能性がかなり高いです。
 
それゆえに、異常に気付いたときには、スピーディーに対処することがもっとも重要なため、練馬区に住んでいる人は、まずは練馬ゆうが整骨院にご連絡ください。
 
身体の不調が改善するまできちんと経過を観察した上で、その度に必要となる対処をしていきます。
 

四十肩や五十肩のメカニズムとは?

  • 四十肩・五十肩=肩関節周囲炎

肩の関節が炎症を起こすことによって起こる四十肩及び五十肩は、医学的には肩関節周辺炎と呼ばれている状態です。
 

  • ②原因が不明?と思いがちなのが一般的

これまでには、発症するメカニズムは明らかになっていなかったのが事実です。
 
そのようなことから原因不明だとされていることもしばしばでした。
 
しかしながら、現代になって技術が進歩したことによって、少しずつさまざまなことが分かってきました。
 

  • ③原因が不明なのは肩のどこに痛みが起こる原因があるのかわかりにくいため

原因が不明だと言われていたのは、肩のどの部分に痛みが生じる原因があるのかということが分かりにくいからです。
 
しかしながら最近になって解明されてきたのは、四十肩や五十肩は加齢によって関節や筋肉が変性することと、血液の循環が悪いことが原因だということです。
 
それによって肩の周りに炎症が起こって、その炎症によって痛みや腫れなどが生じると考えられています。
 
このようにして、肩が常日頃からこわばった状態になれば、腕や肩などを動かすたびに激痛が走るようになることが多くなります。
 
炎症によって痛みが慢性化したのであれば、肩を動かすことが出来る範囲が狭くなってしまうと言っても過言ではありません。
 
原因として考えられるのは、年代的に加齢が原因で身体機能が下がり、肩の周りの組織が弱くなってしまうということです。
 

  • ④多くの原因は姿勢の悪さ、肩が内旋しているから筋肉のバランスが悪くなる

医学書には記載されていないものの、五十肩になる原因となる姿勢は街などでもよく見かけることが出来る、前傾姿勢になって背中が丸くなっている猫背だという訳です。
 
この猫背の状態をこれまでは過労姿勢という名前で呼んでいました。
 
猫背になる原因として考えられるのは、パソコンを使った事務仕事をなどをするときのデスクワークが原因だと言っても過言ではありません。
 
椅子に腰を浅く掛けて背中を丸くして、前に頭が出ている状態です。
 
すなわち筋肉に負担を長時間掛けていると、必然的に猫背となってしまい、五十肩や四十肩となってしまいますので、あらかじめしっかりと気を付けておきましょう。
 
四十肩及び五十肩を自分自身でケアするときには、肩をなるべく冷やさないにして、無理に動かすということをしないようにすることが大切です。
 
四十肩及び五十肩は、急性的な症状が出た場合以外には、温めることが必要です。
 
痛みがそれなりに落ち着いてきたけれども、肩を上げるのがまだ辛いという場合は、しっかりと肩を温めるようにして冷やさないようにすることが大切だと言えます。
 
夏になればエアコンの風が肩に直接触れないようにするために、服を一枚多く着たり、冬になれば首の部分までしっかりとカバーすることが出来るタートルネックなどを着ておきましょう。
 
さらに、関節が癒着してしまわないように、肩をある程度動かすことも必要ですが、痛みが出るような動かし方をすることは避けましょう。
 
肩こりの症状がひどくなれば、頭痛が起きることも有ります。
 
長時間デスクワークをする人は、そのような不調を感じることも多いので、あらかじめしっかりと姿勢から見直しを行い、根本的な原因を探って対策をすることも大事です。
 
椅子の高さが適切でなければ調整したり、ディスプレイの高さなどを見直したりして、正しい姿勢を保つことが出来るように、座布団やクッションなどを使用してみるのも良いかもしれません。
 
そうは言っても、正しい姿勢を保っていても、同じ姿勢で長い時間作業をしたのであれば、首や肩などに疲労が溜まりやすくなってしまうので注意が必要です。
 
ときどき姿勢を変えたり、ストレッチをしたりして自分なりにリフレッシュをしましょう。
 
四十肩及び五十肩は、原因がよく分からないことも多いため、薬を使ってスピーディーに治すということは難しいものの、自分なりに出来ることを行って症状が悪化しないようにすることは出来ます。
 
症状があまりにもひどい場合には、自分で対処をするだけでなくて、病院に行ったり整骨院に通ったりすることをおすすめします。
 
もしも整骨院に通う場合には、信頼することが出来る整骨院を選ぶようにすることが必要不可欠です。
 
練馬ゆうが整骨院は、四十肩や五十肩のメカニズムをあらかじめしっかりと熟知したうえで施術を行っているので、きちんと症状を改善することが可能となっています。
 

  • ⑤五十肩は一般的に炎症期・拘縮期・解凍期の経過をたどる

四十肩や五十肩は一連の経過をたどるのが一般的です。症状が悪化してから対処をしたのであれば、なかなか治りにくくなってしまうということも多々あるので、早めに対処をしましょう。
 

四十肩や五十肩の一般的経過

四十肩や五十肩には一般的な経過というものが有るので、あらかじめしっかりと知っておくことをおすすめします。
 

  • ①炎症期は痛みが強く出る時期

一般的な四十肩や五十肩の経過は、炎症期からスタートします。
 
炎症期には、肩関節周辺の炎症がとにかく強くて、安静にしたとしても強い痛みが走ったり、少し動かしてみただけでも鋭い痛みが起きたりするのが特徴となっています。
 

  • ②拘縮期はどんどん肩が動かせなくなり、動かすと痛みので無理に動かせない時期

拘縮期には、関節の動きが次から次へと悪くなって次第に動かしにくい状態になります。
 
痛みに関して言えば炎症期と比較してみると徐々に落ち着きますが、無理に動かしたり、肩をどこかにぶつけたりしたのであれば、鋭い痛みが起きる場合があります。
 

  • ③解凍期は痛みが引いてくるので動作訓練を行うべき時期

解凍期になれば、次第に関節の動きが良くなってきます。痛みを感じることも徐々に減ってきて、鋭い痛みもあまり感じない状態です。
 

  • ④炎症期で治療が進められると早期改善も

四十肩や五十肩の疑いが出たときには、スピーディーに治療を始めることによって早く改善することが出来る可能性が高くなります。
 

  • 1年以上の拘縮が続くと、正常の可動域に戻らないこともある

四十肩や五十肩を放置して、拘縮が1年以上続くと可動域が制限されてしまうことがあります。
 
しかしながら、何故動かすことが出来る範囲が制限されるのでしょうか。
 
それは、痛みがあると人間は無意識の内にその部分をかばっているからです。
 
四十肩や五十肩が起きた場合には、痛い部分をかばうために肩関節を長い時間動かさないようにします。
 
長い時間関節を動かさない状態でいれば、必然的に固まってしまい、このような状態を専門用語では関節拘縮と呼びます。
 
関節拘縮は、関節包が癒着したことによって起きるという訳です。
 
こうなってしまうと関節包に問題が起きるだけではなくて、筋肉にも悪い影響が出てきます。
 

  • 肩を動かさないことでインナーマッスルが衰えてしまう

長時間肩を動かさなければ、インナーマッスルなどの動くために必要となる筋肉も衰えます。
 
当然のように使用していた筋肉を使わない状態になれば、もちろん筋力は衰えると思う人もたくさんいらっしゃることでしょう。
 
ここで誤解しないようにしなくてはならないのが、筋肉を鍛えたのであれば元の状態に戻るという訳では無いということです。
 
また、長時間筋肉を動かさないことによって、筋力のみならず正しく筋肉を動かす能力そのものが衰えます。
 
筋肉は力というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、力だけでなく動かし方も重要です。
 
正しく筋肉を動かす力は、常日頃は意識することほとんどがありません。
 
何故なら、すでに身に付いているからです。
 
一度自分自身の身に付いていた能力を失ったときには、身に付け方をきちんと覚えていれば問題は無いのですが、自力でどうにかするということは難しいと言えます。
 
長時間動かさなければ、動かし方をもう一度身に付けるためには、専門家などから指導を貰うことが必要不可欠です。
 
このようなことから、可動域が制限されると非常に厄介なことになると言っても過言ではありません。
 

  • 五十肩は放置するのではなく積極的に施術を受けることが大切

五十肩を治すには、それぞれの病期のときにきちんと適切な施術を行うことが何よりも大切です。
 
ひとつひとつの経過をたどりながら治癒をしていくケースがほとんどですが、重度な症状が現れてきた場合や対応の仕方によってもプロセスが違ってくるので、自分自身の身体の状態に合わせて治療を行っていくことが必要となります。
 
中高年の世代に限定をしたのであれば、5人に1人が何らかの肩の痛みを抱えていると言われているのが事実です。
 
痛みを我慢したときには、腕を動かすことが可能な痛みもあれば、まったく腕を動かすことが出来ない症状もあります。
 
肩が凝ることによって起きる痛みは、筋肉の痛みだと言えます。
 
四十肩や五十肩の根本的な問題は、関節が問題となっていることがほとんどです。
 
痛みが有るという共通点から、四十肩や五十肩では周りの筋肉にまで影響が出るので混同しがちではありますが、四十肩や五十肩と肩こりはまったくの別物です。
 
肩関節が痛む症状と似ているのが五十肩で、肩関節が痛くてもそれは五十肩であるとは限らないという訳です。
 

  • 若い人にも五十肩のような症状が増えている

四十肩や五十肩は、加齢によって関節や筋肉が変性したことと血液の循環が悪化したことが原因だと言われていますが、20代や30代の若い世代の人であっても発症します。
 
若年層の人たちの肩や首への負担は、パソコンやスマートフォンが普及したことによって増え続けています。
 
巻き肩やストレートネックなどは10代の人たちの間にも広がっているのが事実です。
 
五十肩は何が原因となっているのかということが解明されないことがほとんどなので、明確なことが分からないことが多いですが、肩や首に負担が掛かることがまったく関係無いとは言い切れないでしょう。
 
年齢を重ねれば身体に不調が出るのは仕方が無いことだとほとんどの人が思うかもしれませんが、五十肩の場合は関節が老化したことが原因の全てではありません。
 
よって、五十肩は治ることが出来るものだという認識をあらかじめしっかりと持っておくことが大切です。
 
肩こりのように、年齢のせいだということで軽視されがちですが放っておくと大変なことになるかもしれません。
 
原因不明の痛みを伴っていることも多いため、世界中で治療に関する研究が進んでいる状態です。
 
病期に関して言えば解凍期というものが有るので、治るという認識を持つことが出来ると言っても過言ではありません。
 
違和感から次第に激しい痛みが出て、その後には少し痛みが落ち着くけれども肩が動かしにくくなり、痛みが和らいで肩を動かすことが出来るという流れになります。
 
ここであらかじめしっかりと注意しておきたいのは、痛み自体にフォーカスをしたのであれば自然に治まりますが、痛みが治まったら完全に治ったという訳ではありません。
 
痛みを誤魔化しながら時間が経過するのを待つということは、非常に辛いものです。
 
きちんとした治療を行わないまま放置して、痛みが無い状態になるということは可動域制限が生じています。
 
こうならないように、早めに整骨院に行きましょう。
 

練馬ゆうが整骨院の五十肩治療について

  • 五十肩の状態から最適な治療提案をいたします

練馬ゆうが整骨院における施術は、ひとりひとりの身体の状態に合わせて行っていくので、初めて整骨院に通うという人であっても緊張することなく気軽に通うことが出来ると言っても過言ではありません。
 
アットホームな雰囲気が漂っているので、リラックスした状態で施術を受けることが出来ます。不安なことが有るときであっても、気軽に相談をすることが可能です。
 

  • ②肩だけでなく、肩甲骨や姿勢、骨盤など総合的に判断します

練馬ゆうが整骨院においては、五十肩だからと言って肩だけにフォーカスして施術を行うのではなくて、身体全体のバランスを整えることを意識しながら施術を行ってくれるのが特徴です。
 

  • ③無理な整体や痛みのある施術はいたしません

痛みを伴わない施術を行ってくれるので、痛みを伴う施術が苦手だという人であっても安心して施術を受けることが可能です。
 
整体と聞くと痛みが生じるというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実際は無理することなく症状に合った施術を受けることが出来るので、痛みを伴うのではないかという心配は一切必要ありません。
 

  • ④超音波治療による無痛治療も可能です

練馬ゆうが整骨院の超音波治療は、痛みを伴いません。
 
超音波によって痛みを伴わない治療を受けたい人にはおすすめです。
 
練馬ゆうが整骨院では、誰もが安心して施術を受けることが出来るように、しっかりと配慮をしてくれています。
 
人間の身体には、刺激をすると非常に気持ち良くなって血行が良くなるツボというものが有りますが、ツボと同じ感覚で押してしまうと激痛が走るということもあります。
 
それが、トリガーポイントというものです。
 
トリガーポイントは、人間の筋肉の中において紛れ込んでいるしこりであり、それを放置していると悪循環が起きると言っても過言ではありません。
 
傷などがきっかけで、血管の近くにしこりが出来てしまうと、上手に老廃物を排除することが出来なくなって、しこりの周りに溜まります。
 
そうすれば血管は次第に圧迫されてしまい、循環が悪くなります。
 
さらに、しこりを囲んでいる神経が敏感になってしまうので、軽く刺激をしただけでも激痛を感じてしまうことになります。
 
しこりの部分には、炎症が起きることもしばしばです。
 
軽い力によって痛みのトリガーになる部分がトリガーポイントだという訳です。
 
トリガーポイントの部分には、刺激をすることによって痛みを伴う部分とはまったく別の部分に原因が有るということが多々あります。
 
トリガーポイントを刺激して治療をする場合には、科学的なものも数多く存在していますが、練馬ゆうが整骨院では整体ということでアプローチをしています。
 
科学的である治療方法であれば、薬を服用したり注射をしたりして炎症を抑えて、トリガーポイントそのものを小さくして血液の循環を良くするのが一般的です。
 
しかしながら、練馬ゆうが整骨院で行われる治療は、手技によって進める整体治療となっています。指を使って痛みが起きる原因となっているところを正確に捉えて、鍼を刺して神経を元の状態に戻し、さらに痛みを減らして血流を改善することとしこりを除去することを目的としています。
 
マッサージにおいても、痛みを減らすのと同時に血の流れを改善してトリガーポイントを無くすというものです。
 
練馬ゆうが整骨院で行う施術は一般的な施術方法とは違って、痛みや副作用を伴う心配がありません。安心して施術を受けることが出来るのも、練馬ゆうが整骨院ならではです。
 
 

五十肩以外の施術も当院におまかせください。

  • 肩こりや腰痛や頭痛など慢性的な症状でお悩みの方

練馬ゆうが整骨院での治療においては、ただ単に施術を行うだけでなくて、毎日の生活習慣の中における知識も同時に付けることが可能です。
 
普段の生活の中で心掛けることが出来る簡単な習慣をアドバイスします。
 
そうすれば、より一層健康的な身体へ変化させることが出来ると言っても過言ではありません。
 
健康的な身体はどのようなことにおいても、非常に大切なものの中のひとつであり、どれほどお金を出したとしても手に入らないと言っても過言では無い貴重なものだと言えるでしょう。
 
身体がいつでも健康的で元気な状態でなければ仕事や家事、育児などを行うことが出来ませんし、毎日の生活を楽しむということも非常に難しくなります。
 
肩こりの症状が起きていることによって、仕事や家事などに支障をきたしてしまっている人は、健康的な身体を維持することがどれほど大切かということをしみじみと感じているのではないでしょうか。
 
何回もそのような経験を繰り返さなくて済むように、肩こりが起きない生活習慣を普段の生活の中で身に付けておくことが非常に大切です。
 
練馬ゆうが整骨院では、肩こりの治療を行いながらも生活習慣をしっかりと改善させることが出来ます。
 

  • ②スポーツの怪我・打撲や捻挫などは保険対応が可能です

保険の対応をしてもらうことが出来るので、安心して通うことが出来ます。
 

  • ③出産後の骨盤周りのお悩みは当院におまかせください。

出産後に骨盤が歪んでしまったことで悩んでいるという女性は、たくさんいらっしゃるのが事実です。
 
さまざまな身体の不調の原因は、もしかすると骨盤が歪んでいるからかもしれません。
 
骨盤と言えば、骨格の中の一つだから簡単に歪むということはなかなか考えられないという人も、たくさんいらっしゃいますが、実際は毎日の生活の中で骨盤を歪めてしまう習慣は数多く有ると言えます。
 
長時間のデスクワークによって猫背になり、それが原因となって骨盤が歪むこともあります。
 
それでは、何故骨盤が歪むことによって腰痛や冷え性などといった症状が出るのかというと、下半身のリンパや血行の流れが悪くなるからです。
 
よって、血液が足の先まで行き渡らなくなってしまって、冷え性や腰痛などが生じるという訳です。
 
それだけでなく、身体の中の巡りが滞ってしまうので生理不順なども引き起こします。
 
このような骨盤の歪みは、ぽっこりとしたお腹の原因になることもあり、内臓下垂の原因にもなります。
 
内臓下垂になったのであれば、下腹が出るという訳です。
 
このようにして、骨盤の歪みは人間の身体にいろいろな悪い影響を及ぼしてしまうということを、あらかじめしっかりと知っておきましょう。
 
歪みによるいろいろな症状を改善することが可能なのが骨盤矯正となります。
 
骨盤矯正をすることによって、しっかりと歪みを改善することが可能なので、それによってリンパや血液の流れが良くなり、冷え性や腰痛、生理不順などといった不調を改善することが出来るという訳です。
 
骨盤矯正を受けることが出来るのは、練馬ゆうが整骨院です。
 
骨盤矯正をしてくれる整体院を探しているのであれば、練馬ゆうが整骨院に任せてみると良いのではないでしょうか。
 
骨盤矯正を受ければ体内のバランスもきちんと整うので、体調不良をあらかじめしっかりと防ぐことが出来ます。
 

  • ④交通事故によるむちうち・腰痛・後遺症の治療も可能です

練馬ゆうが整骨院は交通事故によって起きたむちうちを治療してくれる整骨院です。
 
それだけでなく、骨格を整えることが可能な整体も同時に行っています。
 
練馬で五十肩やそれ以外の身体の不調でお悩みを抱えている方は平和台の練馬ゆうが整骨院にお気軽にお問い合わせください。

電話番号
LINE予約